ジャンパー膝

このようなお悩みはありませんか?
  1. スポーツ中に膝が痛くなる
  2. 膝のお皿の下に痛みがある
  3. ジャンプやダッシュを繰り返すスポーツをしている
  4. 日常生活では痛みは出ない
  5. ひざ下を押さえると痛む

ジャンパー膝とは正式名称を「膝蓋靭帯炎」といい、ジャンプやダッシュを繰り返すような競技をしている人に多いスポーツ障害です。

特に10代の成長期の時期のスポーツをしている男性に起こりやすい傾向があります。

発症しやすいスポーツとしては

バスケットボール、バレーボール、サッカーなどが挙げられます。

なぜジャンパー膝になってしまうのか!

ジャンパー膝の病態としては、膝蓋骨(お皿)と脛骨をつなぐ膝蓋靭帯の炎症になります。

膝蓋靭帯は膝の曲げ伸ばしをスムーズにおこなう役割がありますが、この屈伸動作を繰り返し行うことによって膝蓋靭帯に過度な伸張ストレスがかかることによって痛みが生じます。

だいたいは膝蓋骨の下に痛みが出ることが多いですが、膝蓋骨の上に痛みが出るケースもあります。

主な症状としては

ジャンプやダッシュ、キック動作などのスポーツ中に膝下が痛くなってきます。

軽症の場合は安静時は痛みが出ないためほっておけばよくなると思う方が多いものなりますが、進行していくと安静時にも痛みが出てくるようになり重症になれば運動に支障が出たり日常生活まで支障が出て手術をするまでになることもあるため悪化する前に早めの改善が必要となります。

ジャンパー膝に対しての施術内容

当院ではジャンパー膝に対しては鍼灸施術もしくはハイボルト療法を症状の状態に合わせて行っていきます。

鍼灸の効果としてはまず筋肉に刺すことにより固まってしまっている筋肉を緩めることにより腱や靭帯に対する運動中の負荷を軽減させることが出来ます。

また鍼を刺すということは身体を傷つけるということですが、体は傷つくことによってその場所を治そうとするため自己治癒力を高めることが出来るので痛みを軽減させることが出来ます。

ハイボルト療法は特殊な電気を流すことによって痛みの緩和にすごく効果的な施術になります。そのため症状がかなり強く日常生活動作でも痛みが強く出るようなものに対して行っていきます。

これは炎症の抑制と痛みの閾値を上げることによって痛みが緩和するというものです。

このように状態をしっかり確認したなかで最も適した施術を行い症状の改善を行っていきます。