腰椎椎間板ヘルニア

このようなお悩みはありませんか?
  1. 腰の痛みや足の痺れがある
  2. 足の痺れが慢性的にある
  3. 昔から腰痛に悩まされている
  4. お尻から太ももの後ろにかけて痛みと痺れがある
  5. 重たいものを持とうとすると腰の痛みがきつくなる

椎間板ヘルニアとは

椎間板ヘルニアとは椎骨という背骨と、椎骨の間にある椎間板(クッション)一部もとある位置から飛び出たものを椎間板ヘルニアといいます。

そして、この飛び出た椎間板が筋肉や神経を圧迫することにより痛みや痺れ、筋力低下が出てきます。

椎間板ヘルニアは20代~40代の男性に良くでる症状です。

もっとも多く椎間板ヘルニアになる場所は腰椎といわれる腰の骨の4番目と5番目の間で発症します。その次に多い場所は腰椎の5番目と腰椎の下にある仙椎の1番目の間で発症します。この場所が椎間板ヘルニアの80%を占めます。

腰や脚、足に症状が出ることがほとんどです。

この症状がよく知られている坐骨神経痛です。

椎間板ヘルニアの原因

  • 姿勢・動作

まず、椎間板ヘルニアになる原因の一つは姿勢です

猫背姿勢でのデスクワークや長時間の立ち仕事

体がゆがんでいる状態で重たいものを持つ

ゆがんだ姿勢で家事を行う

ゆがんだ姿勢でトレーニングやスポーツを行うことにより

徐々に椎間(背骨)に負荷がかかり続けることにより椎間板(クッション)が飛び出てしまいます。

  • 運動不足による体幹深層筋(インナーマッスル)の機能・筋力低下

深層部にある筋肉は体を支えるためにあります。

その筋肉が弱くなってしまうことにより姿勢が崩れてしまい結果的に椎骨、椎間に負荷がかかってしまい椎間板が出てしまい、それによって神経や筋肉、血管を圧迫してしまい痛みや痺れが出ます。

椎間板ヘルニアに対する治療法

状態を詳しく検査、確認しベストなプランを提供させていただきます。

  • ハイボルト療法

痛みや痺れが出ている原因の場所を調べます。

痛みや痺れを軽減させます。

他にも通常ありえない高電圧を送り込むことにより、

筋トーヌスの正常化を図り 筋出力を元に戻し、 疼痛の閾値を上げ、

炎症を抑える

筋肉、神経へ持続的に刺激を与え鎮痛を行う。

ツボを使い自律神経を正常化させます。

血流の循環改善を行います。

  • MPF療法

表層筋、深層筋両方にアプローチを行う手技です。

表層筋、深層筋両方にアプローチを行うことにより痛みを取り除きながら

骨格や骨盤の矯正を行います。

  • 楽トレ

インナーマッスル(深層筋)を強化します。

整えた姿勢を維持する筋力がつき再発予防につながります。

運動がするのが苦手な方も寝たまま行うことができ楽に行えます。

また、朝の目覚めがスッキリするようになった。

眠りが深くなった。腹式呼吸ができるようになった。

姿勢がよくなった。階段の昇り降りが楽になった。

ふらつかなくなった。正座ができるようになった。

頻尿・尿漏れの改善、スポーツのパフォーマンス力が向上した。

脚が軽くなりつまづかなくなった。日々の疲れを感じなくなった。

このような治療法をお体に合ったベストな組み合わせで椎間板ヘルニアによって出ている症状を改善させていきます。

ヘルニアの患者様

長い間ヘルニアで通院していました。
手術はしたくないので、痛みの緩和は出来ますとのことでお願いしました。
いつも笑顔で迎えて頂き整骨院に着けばホッとしていました。
どんな質問にも答えてくれて、どのような生活習慣をすればいいのか悪いのかなど沢山の知恵を話して下さいました。
ここの整骨院は、整形外科を含め5件回りましたが、おかげさまで歩くのも辛い毎日でしたが今では元の生活に戻る事が出来ています。
先生には感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

※お客様個人の感想であり、効果には個人差があります。