腱鞘炎

このようなお悩みはありませんか?
  1. 家事をしていて手首が痛い
  2. 出産後から痛みが出だした
  3. パソコン作業が辛い
  4. 仕事に支障が出ている
  5. 重たいものが持てない

腱鞘炎とは腱の使い過ぎにより腫れや痛みがでることです。

親指を広げると手首の母指側の部分に腱が張って皮膚の下に2本の線が浮かび上がります。

ドケルバン病はその親指側の短母指伸筋腱と長母指外転筋が手首の背側にある腱鞘を通るところに生じるものです。

腱鞘炎が起きる原因は?

基本的にはオーバーユースです。

女性ホルモンの低下や増加があるので妊娠出産期の女性や

更年期の女性に多いが、はっきりとしたことはわかっていません。

スポーツや指を良く使う仕事の人にも多いのが特徴です。

腱鞘炎に対する施術方法とは

腱鞘炎に対しては基本的に

ハイボルトという電気での施術を行います

腱におこっている炎症を取り除き、動きをスムーズにしていきます

また鍼灸をする場合もございます。

その後にそもそもの原因の根本でもある姿勢の矯正を行います。