四十肩・五十肩

このようなお悩みはありませんか?
  1.   激しい痛みを抑えたい
  2.   日常生活で肩が上がりにくくなった
  3.   痛みで夜が寝られない
  4.   注射や薬に頼りたくない
  5.   服の脱ぎ着が辛い

四十肩・五十肩とは

四十肩・五十肩は、肩関節周辺が炎症を起こし、肩の痛み、肩関節の動きが制限される症状をいい、

医学的には「肩関節周囲炎」と呼ばれます。

40代〜50代の人に多く発症することから四十肩や五十肩の名前が付けられていますが、どちらもほとんど同じものです。

症状には「急性期」と「慢性期」があります。

・急性期

四十肩・五十肩の典型的な発症パターンとして、ある日突然、腕を動かしたときに肩に鋭い痛みが発生することが多く、そのほとんどが片側の肩のみの症状です。急激な痛みは数日間で治りますが、肩を動かす際の二の腕や手先までの痛み、しびれ、眠れないほどの痛みが出ることもあります。

・慢性期

急激な痛みが治まると、痛みが“鋭い”ものから“鈍い”ものへ変化していき、肩の可動域(動かせる範囲)が徐々に小さくなっていきます。特に、肩関節の拘縮が起き、肩を上げる、腕を後ろに回すなどの動きが難しくなります。また、痛みにより肩の筋肉を動かさずにいると、組織の癒着が起こりさらに悪化します。

そんな四十肩・五十肩ですが、みなさんの中には四十肩・五十肩を“ひどい肩こり” と思う方もがいるかと思います。しかし、肩こりは主に、筋肉の疲労や筋肉が固まることで症状が起きるもので、肩関節周辺の炎症である四十肩・五十肩とは別物です。

慢性の肩こりが悪化しただけ. . .

そのうち治るだろう. . .

そう思い込んで放置してしまうと、痛みで悩む期間が長引いたり、今までできていたことができなくなったり、痛みで眠れず睡眠不足や疲労感、状態が悪ければ手術を行うことになります。

四十肩・五十肩の原因

四十肩、五十肩は、肩の関節にある「腱板」という組織が炎症を引き起こし「関節包」に広がる事で起こります。

これは老化に伴い、筋肉や腱の柔軟性が失われスムーズに動かなくなるからと言われていますが、

実際のところ原因ははっきりしていません。

四十肩・五十肩の治療法

四十肩・五十肩は激しい痛みや肩関節の運動障害が強いため、

まずはじめに「ハイボルト療法」を行い、痛みや炎症を抑えていきます。

これは非常に即効性があり、原因となっている場所(筋肉や神経)を特定することができます。ただ、一時的なもののため、ハイボルト後は原因となっているものに対しての施術を行います。

その1つとして、「鍼灸」があります。

鍼とお灸により、自己治癒力を高め、筋肉の硬さを取り除き、血液循環を改善していきます。

痛みが治まり、ある程度の肩の可動域が改善されてからは、

「MPF療法」で全身的に、身体の奥深くにある“深層筋”の硬さを取り除き、

姿勢や骨盤の歪みを整えます。

それと同時に、「楽トレ」を行うことで、姿勢・骨格を支える“インナーマッスル”を鍛え、正しい状態を保てる身体を作っていきます。