肋間神経痛

このようなお悩みはありませんか?
  1. 肋骨に沿って痛みが走る。
  2. 肋骨に沿って痛みが走る。
  3. 痛みで呼吸しにくい・苦しい
  4. 体をひねると痛みがある。
  5. 病院で肋間神経痛といわれた

肋間神経痛とは

鍼で刺したようなチクチクとした激しい痛みを伴うにも関わらず、検査しても特に異常が見られないことも多く、時には立っていられないほどの激痛から違う病気などではと心配になってしまう人がたくさんいます。

肋間神経痛の原因とは

肋間神経痛は名称に含まれているとおり神経痛の一つです。

神経痛とは特定の末梢神経の支配領域に急に起こる激しい痛みのことを言います。痛みは針で刺されたような鋭い痛みで不規則な感覚でくり返し起こります。

肋間神経痛は神経痛が骨や筋肉に挟まれ(絞めつけられて)おこります。精神的ストレス、加齢や外傷、骨折、運動不足などの生活習慣病、帯状疱疹や変形性脊椎症といった脊椎の疾患など要因はさまざまですが、誰にでも起こりうる身近なものです。

人間はストレス環境にいることで体が強張り、背中や肩の筋肉に負担をかけ、無意識に姿勢を悪くし、骨格・骨盤歪んできます。すると、肋骨付近の神経が筋肉などに圧迫されて痛みを生じるのです。

加古川坂口鍼灸整骨院では

ストレスや神経痛の症状に対して鍼灸治療を行っています。

ストレスによって乱れた自律神経の働きを正常にし、リラックスできる状態を作りやすくすることで不調を改善することができます。

また神経圧迫の原因になっている筋肉に対して鍼を刺し刺激を入れること、お灸で患部をあっためることで血流が良くなります。そうすることで緊張状態にある筋肉が緩み、痛みが緩和します。

肋間神経痛の原因はストレスでも、多く場合、最終的に体が歪むことで痛みを生じます。

そのため、普段から猫背の人や、デスクワークなどで下を向く作業の多い方は肋間神経痛が起こりやすいといわれています。そこで悪い姿勢を長時間することで歪んでしまった骨格に対しては、

歪みの原因である深層筋(インナーマッスル)調整「MPF療法」を行っていきます

MPF療法とは、手技で唯一、骨盤・骨格・深層筋を矯正できる治療です。深層筋は骨盤や背骨に付いているため深層筋を正常な状態にする事で骨盤や背骨を矯正していきます。

 生活習慣肋間神経痛にはストレスの原因を見直したり、を正すことが必要です。坂口鍼灸整骨院・整体院では施術だけでなく、院外での日常・仕事で気をつけること、ホームケアなどもお伝えさせていただいています。