膝の痛み

このような症状でお困りではないですか?

このようなお悩みはありませんか?
  1.   立ち上がりの時に膝が痛い
  2.   歩いていると痛い
  3.   長時間立つことが出来ない
  4.   長時間歩くことが出来ない
  5.   しゃがむときに膝が痛い

膝を痛めてしまう理由としては、負荷のかかるスポーツ、走る競技(陸上競技)やジャンプを多くする競技(バスケットボールやバレーボール)肥満などの体形によるものや年齢的に膝の関節がすり減ってしまっている場合が痛みが出てきてしまう要因になります。

膝の痛みの原因とは

膝関節が『X脚』や『O脚』になっていたりすることも膝関節に負担をかけてしまう要因になり、

膝関節にある関節軟骨や靭帯がすり減ってしまうことで症状として、痛みや動かしづらさが出現します。

膝関節は歩くうえで絶対に動いてしまう部分になるため、負担をゼロにすることはできません。

そのため、いかに負担がかからない状態で歩くことができるかが課題になります。

例えば『X脚』の場合だと、膝の内側には圧迫力が加わった状態外側には張力が加わった状態で脚を動かすことになるため、通常の状態で脚を動かす人よりは負担が多くかかってしまいます。

負担がかかってしまい炎症した状態が続くと膝関節の内部に水が溜まってしまいます。よく膝に水が溜まってしまい病院に水を抜きに行くことになります。

負担の軽減方法としては、膝にかかる負担を軽減させることですが、『X脚』『O脚』の改善や体重の軽減をすることで、病院などでは「体重を減らすために運動しないといけないですね」といわれることが多いそうです・・・

ですが、痛みがある状態で歩いてもいいのかという点や痛いから歩きたくないという気持ちから実際にあることは難しいです。

膝の痛みを軽減させるためには

また、足にかかる負担を軽減させる方法は、歩く際に使う筋肉を鍛えることです。

筋肉をつけるうえでは、脚を動かさないといけませんが水中などで歩くことで負担を軽減させながら筋肉をつけることができ、水中のため全身運動にもなりますので体重を落とすことにもつながります。

当整骨院でできる内容としては、歩く際や骨盤の状態を支える『インナーマッスル』を鍛えることで歩く際の負担を軽減させる電気で行うトレーニングを行います。寝ながら行うことができる為運動することが苦手な方でもインナーマッスルを鍛えることができます。

まずは今のお身体の状態を調べ身体に負担がかかってしまっているのかを知ることから始めませんか?

当整骨院ではAIを用いた姿勢分析を行うことで詳しく負担がかかっている部位を見つけることができます。

お身体についてお困りの方はご連絡ください。