腰椎分離症

このようなお悩みはありませんか?
  1. 学生で腰痛がある方
  2. 長時間同じ姿勢でいると腰がだるくなる
  3. 歩いていると足がだるくなる方

腰椎分離症とは

腰椎分離症は疲労骨折が原因で起こります。

腰椎分離症の症状は腰を反らす動作で痛みを訴えることが多く、狭い範囲にズキッと響く痛みが特徴的で分離高位の腰椎に叩打痛、圧痛を認める場合があります。

好発年齢としてはスポーツをしている学生で10代に発症するケースが多い疾患になります。

長期間放置してしまうと手術が必要になるケースもあります。

スポーツをしている中高生で伸展時に腰痛がある方、2週間以上腰痛が続いている方は腰椎分離症の可能性も高いので要注意です。

腰椎分離症の原因

腰椎分離症は疲労骨折が原因で起こります。

腰椎分離症の症状は腰を反らす動作で痛みを訴えることが多く、狭い範囲にズキッと響く痛みが特徴的で分離高位の腰椎に叩打痛、圧痛を認める場合があります。

好発年齢としてはスポーツをしている学生で10代に発症するケースが多い疾患になります。

長期間放置してしまうと手術が必要になるケースもあります。

スポーツをしている中高生で伸展時に腰痛がある方、2週間以上腰痛が続いている方は腰椎分離症の可能性も高いので要注意です。

加古川坂口鍼灸整骨院では

痛みが強い場合は鍼灸治療または、ハイボルト治療を用いて施術を行います。

鍼灸治療やハイボルト療法は痛みに特化した施術となっております。

鍼灸治療は鎮痛効果があり、特に神経の圧迫による痛みには強い施術になります。

髪の毛よりも細い針で刺激を加えるので痛みも少ない施術になります。

滅菌で使い捨てになりますので衛生面も安全です。

ハイボルトは痛みを取るのも効果としてはあるのですが、ハイボルトで施術をした部分症状が緩和すればその部分が原因ととわかる検査機器にもなっているのでより深く、どこから痛みが出ているのかがわかる特殊な電気を用いた施術となっております。

しかし、それだけでは一時的に痛みを抑えるだけで再発してしまう恐れがあるので痛みが落ち着いた後は、姿勢や骨盤の歪み、インナーマッスルという身体を支えている筋肉が弱い人になりやすいため姿勢や骨盤の歪みを取るMPF療法とインナーマッスルを鍛える特殊な機械を用いて根本的な施術を行い、再発しにくい身体を目指して行っていきます。

分離症は放っておくと大きな痛みやスポーツを中止しないといけなくなったり、大人になった際にも慢性的な腰痛やすべり症や坐骨神経痛などの痛みに発展するケースも多いので、お困りの方は当院までお早めにご相談ください!!!