ドケルバン病

このようなお悩みはありませんか?
  1. 親指の付け根が痛い
  2. スマホを使うと痛む
  3. 裁縫や手芸をすると痛む
  4. デスクワーク中に痛む
  5. 物を握ると痛む

ドケルバン病はあまり名前としては知られていない症状ですが
スマートフォンが普及したことにより、ドケルバン病になる人が増えてきています。
では、次はもっと詳しくどこを痛めているのかみていきましょう

ドケルバン病はどこを痛めているのか?

ドケルバン病は親指を酷使すると出てくるのですが
これは親指の付け根で起こる腱鞘炎です。
腱鞘炎というのは
腱と腱鞘が擦れて炎症が起こるような症状です。
筋肉が骨に付着するときはそのまま引っ付くのではなく
「腱」という風に形を変えてから骨に付着します。
そして、手首などの関節にある腱は「腱鞘」という物に包まれています。
腱鞘はストロー上になっており、腱を包んで傷つかないようにしてくれているのと
腱がスムーズに動けるようにしてくれています。

しかし、日常生活でPC作業やスマホの使い過ぎで
腱鞘と腱が擦れすぎることによってそこで炎症が起こり
痛みが出ている状態です。

ドケルバン病の一般的な診断と治療

ドケルバン病の診断には
アイヒホッフテストが用いられます。(フィンケルシュタインテストともいう)
方法としては、まず自分の親指を他の4指で握りこみます。
そして、そのまま手首を小指側に倒します。
この時に親指の付け根から手首にかけて痛みが走った場合は
ドケルバン病の陽性所見になります。

ドケルバン病の治療には
局所を安静に保つ(シーネ固定をする場合もある)ことや
薬の処方、ステロイド注射などの保存的療法を用います。

これによって変化がなければ、手首の腱鞘を切開する手術が選択されます。

加古川坂口鍼灸整骨院でのドケルバン病の治療

当院ではドケルバン病をハイボルトという機械で施術します。
ハイボルトは高圧電流を流して狙った筋肉の痛みを取ることができる
除痛効果に優れた機械です!!
また神経の興奮を抑えて、炎症を鎮める働きも持っています。

この作用により今出てしまっている炎症を抑え
親指のつけ根の痛みを取り除くことができます。
また痛みを緩和するためにテーピングを巻いていきます!

今出ている痛みを何とかしたい方は
ぜひ、ご連絡ください!!