モートン病

このようなお悩みはありませんか?
  1. 痛みがあり歩くことが困難である
  2. 押さえると激痛が走る
  3. 足先が痺れている
  4. 有痛性の腫瘤がある
  5. 脚の親指以外に痛みがある

モートン病とは・・・

個人差はありますが、第3~4足趾間の痺れ、疼痛や灼熱痛などの多彩な神経の痛みが出現します。

足先裏の小さな有痛性の腫瘤でお越しいただくこともあります。

症状が出てくる場所は第2~3、第4~5足趾間のこともあります。

モートン病の原因は

中腰での長時間作業やハイヒールの常用など、つま先立ちをする状態が長く続くとモートン病になる可能性が高くなります。

また、足の指に変形がある事でも原因になります。

中腰やハイヒールを履いた状態でいると足の前側(MP関節中足指節関節)に体重が乗ることによって、神経が足の指を連結する靭帯(深横中足靭帯)と地面との間に圧迫を受けることによって起こる神経障害です。

圧迫部の近くには仮性神経腫といわれる有痛性の神経腫が形成されます。中年以降の女性に多く発症します。

加古川坂口鍼灸整骨院での施術方法

ハイボルト治療 という電気治療機器を用いての施術を行い痛みを抑えます。

ハイボルト治療は痛みを軽減させながら、

痛めてしまっている部位がわかる検査としての役割もある機械になっており、痛みの原因を知ることができます。

痛みがある程度落ち着いてきたら、ハイボルト治療で原因になっているところに対して『MPF治療』を行い、根本的に痛みの出ている原因に対しての治療を行います。

痛みをとる方法は1つではありませんが、痛めてしまっている原因は負荷が多くかかっていることにあります。

当整骨院では、AIを姿勢の分析から行うことによっても原因を調べます。

お身体について、お困りの方はご連絡ください。