変形性股関節症

このようなお悩みはありませんか?
  1. 股関節に痛みがある
  2. 股関節に違和感がある
  3. 歩くときに股関節の痛みが強くなる
  4. お尻周りや太ももに突っ張る感じがある
  5. 股関節のうごきが悪い

変形性股関節症とは

股関節症の主な症状は、関節の痛みと動かしにくいといった機能障害です。

股関節は鼠径部(足の付け根)にある為、症状が出てくると立ち上がり時や歩き初めに痛みが出現します。

ほかにも、しゃがみ動作や立ち続けることが痛みのためできなくなります。

変形性股関節痛の原因

  • 先天性の臼蓋形成不全
    股関節の受け皿になる関節のへこみが少なく、うまくはまっていない状態
  • 姿勢・骨盤の歪み
    立ち方や骨盤が歪むことによって、股関節周りにある筋肉のバランスが崩れ、O脚やX脚になってしまい股関節に負担をかけてしまう
  • インナーマッスルの低下
    骨盤や股関節についている筋肉が弱くなってしまうことによって、支えられなくなり、歩くときなどの負担が増えてしまうことによって変形が生じる
  • 体重の増加
    体重が増加してしまったことによって、股関節が耐えられなくなり徐々に変形してしまう状態

加古川坂口鍼灸整骨院で行う施術

加古川坂口鍼灸整骨院で行う施術について

AIを用いた姿勢分析を行うことで痛みが出ている原因みつけ

可動域検査などを行うことで痛みの状態を分析します。

強く痛みの出ている部位に関しては『ハイボルト療法』を行い痛みを和らげます。

姿勢や骨盤の歪みが強く痛みが出現している場合に関しては、痛みを抑えながら矯正を行う必要がある為『MPF療法』を行うことで全体的な姿勢骨盤の矯正を行います。

骨盤周りの筋肉を強化する必要もある為『インナーマッスルトレーニング』を行うことで、全体的な安定化を行います。

歩いて生活を行う上で股関節が痛いと、様々なことを諦めてしまうことにもなってしまいます。

痛みが強くない方でも違和感がある場合、早く治療を始められることが早く治るためには大事になります。

身体について興味のある方は当整骨院までご連絡ください。