変形性膝関節症

このようなお悩みはありませんか?
  1. 膝周辺が痛く長時間歩くことができない
  2. 動き始める時に痛みが出る
  3. 太ももの筋肉が落ちてきた
  4. 近頃O脚がひどくなってきた
  5. 膝の曲げ伸ばしの時に痛みが強い

変形性膝関節症とは

膝関節の軟骨の質が徐々に低下したり、すり減っていくことによって

歩行時に痛みが出現するものが変形性膝関節症です。

平地では歩行時の痛みがなくても、階段や坂の昇り降りの際に痛みが出てくることもあります。

日常生活上で支障をきたしている場合、かなり変形性膝関節症が進行している可能性があります。

変形性膝関節症の原因は・・・

最も大きな原因は『加齢』によるものです。

膝関節は歩くときに少なからずダメージを受けます。このダメージが積み重なり限界を迎えてしまった状態が変形性膝関節症となります。

そのため、歩いている時間や負荷が大きいと変形性膝関節症の原因となってきます。

他の原因としては、形的に負担がかかっていることです。O脚や正座の時の負担がかかってくることも原因としてあります。

日本では肥満ぎみの高齢者の方に多くみられます。

加古川坂口鍼灸整骨院での施術

加古川坂口鍼灸整骨院の施術は、痛みが特に強く出てしまっている時期には『ハイボルト療法』を行い、原因である筋肉の炎症を抑え活性化させることで痛みが出現する頻度を下げ、痛み自体が低くなってきた段階で、脚を動かすための筋肉のトレーニングや脚の負担のかかり具合を調節するために全体的な身体の調節をお行います。

姿勢的な問題が理由であることも多いため『MPF療法』という、姿勢矯正を行い、根本的な痛みの原因にアプローチします。

歩くときに膝周りに違和感を感じている方、痛みが出てしまっている方!

1度加古川坂口鍼灸整骨院で状態のチェックを行いませんか?