梨状筋症候群

このようなお悩みはありませんか?
  1. お尻から足にかけて痛みが走る
  2. 痛み止めと湿布で治らない
  3. 痛みにより正しい姿勢を保てない
  4. 最近では足先にまで痺れが出始めた
  5. 歩くことで痛みが出ている

梨状筋症候群とは正式名称でその多くは坐骨神経痛と呼ばれることが多いです。

お尻の筋肉により、坐骨神経が圧迫を受けてしまい、痛みやしびれがでる症状です。

なかには、歩くことがこんなになる人や独特な症状で『足が燃やされるようないたみ』や

『熱湯をかけられているみたい』など灼熱痛とよばれる熱さを感じる痛みが出ます

梨状筋症候群の主な原因は

原因として多いのは名前にもついている梨状筋という筋肉により坐骨神経痛が

圧迫されておこるものがほとんどです。

ではなぜ圧迫されるのかというと簡単なところで骨盤のゆがみが原因です。

骨盤が筋肉が固くなることや筋力低下によりゆがむことで筋肉が引っ張られて

圧迫を受けてしまいます。

これにより痛み痺れが出るのです。

加古川坂口鍼灸整骨院での梨状筋症候群に対する施術

加古川坂口鍼灸整骨院ではこのように筋力低下により痛み痺れが出てきている場合

インナーマッスルトレーニングの機械を使いトレーニングの治療を行います。

痛みが強く出ている場合はまずハイボルトという機械を使い痛みを落ち着かせていくことも

していきます。

その後、痛みが落ち着けばMPF療法という治療法を使い根本的な体のゆがみをとっていきます

そうすることによって再発も予防し痛みの出にくい体作りができます。