野球肘

このようなお悩みはありませんか?
  1. 投げる際に肘の内側が痛む
  2. しばらく休んでも投げ始めると痛みが出る
  3. 力いっぱい投げることができない
  4. 痛みがあり力を入れることができない

野球肘(内側上顆炎)とは、肘の内側に炎症が起きてしまう症状のことをいいます。

無理な投球練習を行うことで痛みが出てきてしまい、続けるとさらに悪化してしまいます。

安静にしていても変わらない

肘周りの痛みに関しては1か月ほど安静にしていてもよくなることが少ないです。

一時的に痛みが緩和されても投球動作を再度してしまうことで痛みが再発してしまいます。

また、痛みをかばうことで肘以外の部分の肩を痛めてしまうことがあるため悪循環です。

当整骨院が行う施術について

肘にかかってくる負担は使い過ぎでによるものもありますが、使い方やフォームが悪い事でも肘に対してのダメージが多くなってしまいます。身体の使い方によって負担が増えてきてしまうことがあります。

当整骨院が行う施術としては、身体のバランスにかかわってくる筋肉や骨格の矯正を行うことによって筋肉や肘にかかる負担を軽減させ、肘にダメージが出てしまうことを防ぐことによって痛みの軽減を行います。

肘周りの筋肉の負担を軽減させフォームの矯正も行うことで、身体を動かしやすい状態を作ります。

肘周りが痛くてスポーツを休んでいる方、安静にしているのに痛みが引かない方は当整骨院までご連絡ください。