TFCC損傷

このようなお悩みはありませんか?
  1. 手首を小指側に傾けると痛む
  2. 缶詰のフタを開ける時に痛む
  3. ドアノブを回すときに痛む
  4. 車のキーを回すときに痛む
  5. バトミントンやテニスのスイング時に痛む

まず『TFCC』ってなに?

TFCCとは手首にある、三角繊維軟骨複合体といいます。

手首の小指側にある靭帯や軟骨によって構成される組織のことで

手首の骨をつなぎとめる役割や、手首の衝撃吸収や安定性をもたらすことが仕事になります。

TFCC損傷の原因とは・・・

  • こけたときに手をついて痛める
  • 手首を捻ってしまう
  • スポーツでの使い過ぎ
  • パソコンなどでの手首の負担

が原因になり、手首周りにかかる負担がTFCCの衝撃吸収能力以上に負担がかかった場合や長い期間をかけてダメージが蓄積されたときに痛めてしまうことが原因になります。

どのような症状が出るのか

痛めてしまう原因と同じひねったりすることによって痛みが増悪します。

痛みの出てくる場所は『尺骨茎状突起』という手首の小指側にある骨で盛り上がっているところに痛みを感じます。(上図参照)

手や指を使う以上痛みが伴ってしまうため、生活にも注意が必要です。

手首の痛みのため、可動域が狭くなってしまうこともあり、早期に痛みの軽減をさせることが重要になります。

加古川坂口鍼灸整骨院で行う施術について

TFCC損傷が軽症のうちは、テーピングを巻いたり安静にすることによって痛みがひくこともあります。

しかし、何度も痛めてしまっている場合や重症化してしまっている場合に関しては痛みを抑えるために治療を受けるようにしてください。

痛みが強く出ている場合には『ハイボルト療法』を行い、痛みの原因の筋肉も調べながら行うことができます。

痛みが落ち着き次第、身体の状態の分析し姿勢や骨盤の状態が歪んでいる場合は強制を行うことでほかの部位に対して負担がかからないように施術を行います。

腕にかかる負担は、首や肩が凝っているところからも負担がかかってきます。

また、痛めてしまっているとほかの部を使い庇ってしまうことで、手首周り以外に痛みが出てくることもある為、全体的な筋肉調整が必要です。

身体は様々なところが連動して動いているため、自分でもお持っていない場所が原因だったりすることがあります。

お身体についてお困りの方は加古川坂口鍼灸整骨院までご連絡ください。